バルト海の十字架をご紹介します。

みなさんこんにちは。

阿加井秀樹です。

今回ご紹介する作品はバルト海の十字架という作品です。

本作品はロマン主義を代表する宗教的風景画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒが描いた作品です。

フリードリヒは、少年期に母を亡くし、弟も自分の身代わりとして亡くしております。その心の傷から鬱が高じて自殺を図った事があるともいわれております。また1789年、隣国のフランス革命などの激動の時代に青春を迎え、30代には、ナポレオンのドイツ支配を経験しております。後年はウィーン体制下の抑圧された時代に生きたといわれています。同世代人にヘーゲル、ベートーベン、シュレーゲル、ルンゲ、また、カント、ゲーテ、シラーなど作品は、自然の風景、それも高みや遥か彼方を見据えるもの、廃墟になった僧院、墓地、古代の巨石墓、槲の木などがよくモチーフとして取り上げられております。本作も同様の観点から見える景色があります。

彼の作品はどこかネガティブな作品が多く、本作品からは彼が生きたであろう、世界の憂鬱館や、悲しみが見て取れます。バルト海は俗にいうバルト三国の時代の話で、戦争や飢餓が絶えなかったといわれています。そのような話を耳にしてから本作品を見ることで、いろんな考えがめぐるのではないでしょうか。

実は風景画の中に、宗教的、政治的、精神的な意味を込めフリードリヒ自身は、ほとんどの作品に題名らしい題名を与えていないため、ここに記述した題名のほとんどが、後世に付けられたよ言われています。

それではまた。

阿加井秀樹

アンリ・ルソーという人物のご紹介

みなさんこんにちは。

阿加井秀樹です。

今回ご紹介するのはアンリ・ルソーという人物についてご紹介します。

名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
ルソーは珍しく他の画家とはことなり、画家になったのが41歳からでした。パリで税関職員をしていたルソーは、1冊の本を教師に独学で絵を描き始めます。自身の作品を、当時近所に住んでいたフランス画壇の重鎮クレマンの元へ持ち込むなど精力的に絵に向き合っていましたが、絵画の基礎も勉強していない日曜画家の絵は評論家に酷評され続けます。

平面的な構図に、大きく描かれた人物。遠近法もデッサンもメチャクチャな彼の絵は従来の美術史の概念では到底評価できなかったのです。しかし、そのいわば常識にとらわれない技法が、彼の絵に独特の存在感を与えました。稚拙な遠近法で描かれる背景は描かれる人物を際立たせ、見る人を彼の絵の中へと引き込んでいきます。

正規の美術教育を受けなかったことがかえってルソーの絵に独特の味わいを付与しているのです。

今ではルソーはこうした正規の教育を受けなかった「素朴派」の画家達の代表格です。彼の絵の持つ魅力にいち早く気付いたのは、新しい芸術を模索していた若い芸術家達でした。

ゴーギャンピカソアポリネールローランサン…。輝かしい才能の持ち主達が、後年のルソーを友人として支えました。ルソーは兵役に就いたあとパリ市税関で働き結婚しました。平凡で穏やかな生活を送っていましたが、絵を描くことにのめり込みやがて画家として生きていくことを思い立ちます。

自分の才能を信じ自分の絵に自信をもっていたルソーは、苦しい生活の中でふたりの妻に先立たれても、ひたすら無邪気に絵筆を握り続けました。

夢をも現実だと思い込むほど純真だったルソーの絵は、不思議な静寂を伴い、見る人を幻想の世界へ誘います。ぜひ一度アンリ・ルソーの作品を見てみてください。

それではまた。

阿加井秀樹

ベツレヘムの人口調査という作品をご紹介します。

みなさんこんにちは

阿加井秀樹です。

今回ご紹介する作品は、ベツレヘムの人口調査という作品です。

本作品は、ピーテル・ブリューゲルにより1566年に描かれた作品です。
本作品の題材は旧約聖書の物語に基づいています。

エスの両親であるヨセフとマリアの時代、全世界の人口調査をせよとの勅令がローマ皇帝アウグストゥスから出たことで、ヨセフとマリアもガリラヤの町ナザレを出て、ユダヤベツレヘムというダビデの町へ戻ります。
人口調査とともに住民登録を行い、マリアはベツレヘムで、イエスを産みます。画面下にはロバに乗ったマリアとロバを引くヨセフが描かれています。題材は聖書の物語ですが、舞台は当時ピーテル・ブリューゲルが生きた16世紀のフランドル地方の冬になっています。これはピーテル・ブリューゲルが圧政と税金に苦しむ民衆の姿を風刺的に描いたものだと言われています。
私は本作品より、キリストの誕生、当時の情勢また、ブリューゲルが一番描きたかったのはヨセフとマリアについてなのではないかと感じました。
一つの風刺画に詰め込むことで、演出するブリューゲルにはさすがに脱帽いたします。現在ベルギー王立美術館に収蔵されており、余り目にする機会は少ないですが、1度は拝見したい作品と思っております。

それではまた。

阿加井秀樹

キリストのブリュッセル入城をご紹介します。

みなさんこんにちは

阿加井秀樹です。

今回ご紹介する作品は、キリストのブリュッセル入城という作品です。

本作品はジェームズ・アンソールの代表作とも呼ぶべき作品となっております。画面中央奥からこちらへ向かって、大きなヒトの波が押し寄せています。

その行進の両脇にも、ありとあらゆる人が鈴なりとなって、この騒動を晴れやかな心持ちで見守っています。喜びや祝福の声をあげながら、行進に参加中の人々は、その波にもまれながらも、無秩序に蠢いています。正装した彼らの中には、仮面を被り得体の知れないナニモノかに扮した道化者も見受けられます。

その後ろには軍楽隊が華やかな音楽の調べにのせて、この喧噪の主賓が、登場します。右掌を高々と掲げたその人は驢馬 に股がり意気揚々としています。今、まさにイエス・キリストの地に顕われたのです。

1889年にブリュッセルに入城したイエス・キリストを描いた作品となります。様々な人がキリストの入城に歓喜しているのが作中を見るだけで確認ができます。

また、アンソールの独特な絵のタッチやその中でも表現されている人々の歓びはアンソールにしか描けない素晴らしい作品となっております。

アンソールを学ぶならこの作品から入ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

阿加井秀樹

名作グレイテスト・ショーマンを阿加井秀樹が紹介

みなさんこんにちは。

阿加井秀樹です。

 

今回ご紹介する作品はグレイテスト・ショーマンという作品です。

 

この作品は夢と愛に生きた伝説のエンターテイナーの一途な愛と、ドラマティックな人生を描いた感動ミュージカル・エンタテイメントです。

 

 

19世紀のアメリカを舞台に伝説のエンターテイナーP.T.バーナムが何もないところから大胆なアイデアでショービジネスを立ち上げ、

世界中でセンセーションを巻き起こした一大スペクタクルを作り上げるまでを描いた物語です。

 

この映画の魅力は何と言っても圧巻のミュージカルシーンです。

 

レ・ミゼラブル』の歌声で世界中を魅了したアカデミー賞ノミネートのヒュー・ジャックマンが主人公P.T.バーナムを演じており、

彼が繰り出すミュージカルシーンはとても引き付けられるものがあります。

 

この作品で登場する「This is Me」という曲はアカデミー賞の主題歌賞にもノミネーションされました。

 

その他にも、成功や挫折、外見や地位がどうであれ、

ありのままの自分らしく生きようとする姿に考えさせられるものが多くあります。

 

一度観ると、あなたもきっと挿入歌を口ずさんでしまうことでしょう。

ぜひ一度観てみてください。

 

それではまた。阿加井秀樹