緊張感と没入感 期待を裏切らない一本 阿加井秀樹

みなさんこんにちは。

阿加井秀樹です。

 

今回ご紹介する作品は東野圭吾原作の

 

祈りの幕が下りる時

www.google.co.jp

 

という作品です。

 

主演は阿部寛が演じており、

ジャンルとしてはミステリーに分類されます。

 

ある日東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見されます。

 

被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。

 

殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていました。

 

松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたりますが、

押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、

捜査は難航していきます。

 

滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのかというのも謎です。

 

 

やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)が現われます。

 

押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことが分かりますが、

浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、

捜査は進展する様子がありません。

 

松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、

捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見します。

 

その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺します。

 

それは孤独死した加賀の母に繋がっていた。

 

というような東野圭吾の作品の特徴として犯人側の立場だと殺人に至るまでの動機や背景がしっかりと描かれており没入感があります。

 

ミステリー作品ではありますが、

この作品を見終わったとき涙が止まりませんでした。

 

ぜひ一度見てみてください。

 

それではまた。阿加井秀樹